Lycee Overture Ver.ブレイブソード×ブレイズソウル 1.0 考察 前編

お久しぶりです。

セブンドローのゆきおです。

 

発売周期が3ヶ月と最近のTCGの中ではちょっと遅めなのでご無沙汰でしたが

 

ついに第二弾!

Lycee Overture Ver.ブレイブソード×ブレイズソウル 1.0 

発売しましたね!!

 

正直な所、1弾環境はカードプールが少なくゲームとしてまだ完成されてない感じがあったと思います。

2弾で一気にカードプールが増え、「弱いけど仕方なく入れてる」カードが完全に無くなったので

構築面でもプレイ面でも飛躍的に面白くなったと感じました。

 

3弾でガルパン、4弾でまたまたFGOと、今後の参戦タイトルが強く、カードプールの増加でゲーム性も増していきそうなので

やるなら今の内が吉だと思います!!!結構面白いからもっと流行って・・・

 

ただ、エンゲージという能力の内容も相まって、どれが強くてどれが微妙なカードなのか判断がつきにくい方も多いのではないかな、と思いましたので、今回は強そうなカードや気になったカードを各色ピックアップしていこうかなと!

 

 

では早速!と言いたいのですが、

まずはブレブレの固有能力「エンゲージ」について補足をしたいと思います。

 

 

まずは効果から

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・場の味方キャラを破棄して、そのマスに登場することができます。
味方キャラを破棄して登場したとき(エンゲージ登場)、エンゲージの右側に記載された効果が得られます。

※[エンゲージ]を持つキャラをキャラを破棄せず空き味方フィールドに登場することも可能です。この場合、エンゲージ登場の効果は得られません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

挙動そのものは「進化カード」って表現が分かり易いでしょうか。

基本的には「アドを捨てて強い盤面を作りに行く」為のものになりますが、今回はほぼ全てのキャラにおまけ感覚でエンゲージがついてますので、実はこのエンゲージが活用される場面はそんなに多くありません。

むしろ、「この場面でエンゲージしたらすげー強いぞ!」って状況以外ではした方が損する事も多いでしょう。

基本的には「中盤〜終盤に、エンゲージ登場した時に○○(もしくはエンゲージの餌にした時に○○)とついた効果を活用したい時に行う」ものだと思った方が良いでしょう。

 

更に補足として

↑こんな感じの効果がついたキャラがこの弾では大量に収録されておりますが、
基本的には「見た目ほど強くない」と認識して頂いた方が良いと思います。

勿論ながら「エンゲージ登場した時○○」という効果を持ったキャラの餌としてはそれなりに優秀ですが、

エンゲージ登場時の能力は殆どがアドでは無く打点を増やす為の能力なので、微妙に噛み合って無いのです。

 

例えば「エンゲージ登場に相手キャラ一体を行動済みにする」という効果の餌にしたとして、それによって一回分の攻撃(3〜4点)

が通る事になりますが、こちらも2ドローしているので実際の差し引き打点は1〜2点となります。

勿論ドロー自体もアドが取れている訳では無く、エンゲージ登場によるディスアドを軽減する為のものにすぎないので、

実際の所は「ハンド1枚が1〜2点に変わる」だけに過ぎない場面が多いのです。

勿論ながら例の様なカードは単体としても使えるレベルだし、2点食らってでも3点を与える事が大事な場面も多々あるので弱いという事はありませんが、皆さんが思っているよりは割引して評価した方が良いのかな、と感じます。

 

どちらかと言うと

「2ハンドで相手のリアクションを強制しつつ、ハンド1枚分とデッキ1枚分で有利な盤面を作りにいける」

上記の様な軽量系のエンゲージ餌の方が有用そうな気がします。

 

 

 

前置きが長くなっちゃったのでサクサクっと個別評価行きますよー!

ついでに投入数の目安も載せておきます。

 

 

・日

↑打点こそ低いもののステップ持ちの高スペックに加えて二弾にしてはやたら強烈な効果を持っています。

額面でこそ「3:5交換」なので2点パンチャーにしかなっていませんが、先行逃げ切り型の日単にとっては相手に与えるダメージ量が非常に重要で、異常なスピードで最終局面にまで運んでいけるのでかなり強いと思います。

終盤で使う使わないで揺さぶりをかけたり、明らかなラストターンでデッキが4枚以上残っていれば無料の3点になったりと唯一性のある能力ですが、あくまで額面上は2点分しか得をしないのでミラーでの後攻なんかは出さない方が良い場面もあるでしょう。

日単4投

 

 

↑タマモキャットの互換枠。

今回の弾は「FGOの○○に近い」カードが結構多いですね。

二つの効果どちらでも1パンチ分に還元出来る場面が多く、1コストで出せるのも相まってバーサーカー/タマモキャットよりは少し強いカードと言えるでしょう。軽量ビートしたいデッキなんかは両方入れてキャラ散らしするのもgood。

日単2投

 

 

バーサーカー/ダレイオス三世の互換枠。

こちらも奇数なので出しやすく優秀。日単はAPで縦止めしたいのでダレイオスもヴォルケイノもどちらも採用する事になりそうです

日単3〜4投

 

 

↑分かり易くずるいカード。

目先の3点欲しさに返し2ハンドAP3を合わせられハンド1枚分損をする事も多いので、適当に開幕で出せば良い訳ではありませんが、それでも流石に強いと思います。

上述のレヴァンテインや嵐の航海者ライダー/フランシス・ドレイクなども絡めて、一時のズルみたいな打点リードをそのままずるずる引っ張っていける様に動きたいですね。

日単2〜4投

 

 

ランサー/ロムルスの互換枠

・・と言うよりDFに置けない代わりにAFに置けばただただ上位互換

ほぼほぼ相打ちが取れて相手の盤面固めを妨害出来るので優秀。Rドレイクとの相性も◎

日単4投

 

 

↑個人的にいぶし銀枠

目に見えたパワーカードでは無いですが、「パンチした後の枠に登場してステップ→別のキャラでその場所に移動パンチ」

というムーブがあるのでちょこっと入れて輝く場面があるかも!?

後述のスイートピーチとも相性が良いですね。

日単0〜2投

 

 

・スイートピーチ状態

2 日日
自ターン中に使用する。コストが2点以下の味方キャラ全てにAP+2・DP+2・SP+2する。

これだけ公式に画像が無かったのでテキストになります(泣)

軽量ワラワラビートを肯定してくれる1枚。

日には「2ハンドで3点という効率だけ見れば凄く良いけどすぐ止められるスペック」といったカードが多々あるので

適当に軽量アタッカー並べる→相手が対面に置けなかった所だけパンチする→多数止まってきたらスイートピーチ

といったムーブはかなり実用的だと思います。SPまで上がるのが何気に凄いw

そこまで構築を寄せなくても採用レベルのカードなので、日単のB面として有用だと思います。

日単0〜4投

 

・日&雪

↑日雪用のセット

書いてある事がただただ露骨に強いですw

ミストルテインは少し微妙なスペックですが、序盤に出す際はAFにしましょう

このコンビにより混色デッキは圧倒的に日雪の組み合わせが強そうなので研究したいですね。

日雪、雪日、どちらの構成も検討出来ますが、EX1の採用はどちらか1色のみ(割合の多い方)にするのがベターだと思います。

どちらも確定4投

ミストルは雪単でも4投

 

・雪

↑コストやエンゲージでの破棄、バトルによるダウン(=破棄)によって1点追加。

雪のメインアタッカーは上記のミストルテインや下記のアヴァロンに株を取られがちですがこちらも十二分に優秀な効果。

雪単3〜4投

 

 

↑DMG2以下にアグレ付与。

これまたパワーカード系。

一回押せる盤面になればひたすら打点優勢が取れるので強力ですが、構築はそれなりに意識しないとダメそうですね。

今回の弾の雪の高相性アタッカーは後述するので1弾で相性の良さそうなカードをいくつか挙げておきます。

 

雪 アサシン/荊軻

日 ライダー/エドワード・ティーチ セイバー/ネロ・クラウディウス

花 ランサー/エリザベート・バートリー

 

基本的には雪単か雪日での運用ですが、SRエリーとの相性が抜群なので花雪も面白いかもしれませんねw

ちなみに上述のSRレヴァンテインも殴れるので意図的に日雪デッキを強くしている様に感じられます

雪単4投

混色でもコンセプト組むなら4投

 

 

↑アヴァロンのお供枠。

ただアヴァロン抜きにしてもどちらもかなり優秀な軽量カードだと言えます。

手裏剣は殴って良しサポート良しで最後に2点飛ばせるので見た目より実戦してみるとその強さが分かると思います。

デュエルはただただ普通に優秀な上に、アヴァロンから4点の詰め打点を出せるので雪デッキの終盤の逆転能力も高くなりそうです。

手裏剣2〜4投

ラストリゾート×デュエル4投

 

 

↑ちょっと条件が難しいけどアサシン/荊軻の互換系。
基本的には5枚目以降の荊軻といった扱いになりそうですが、スペックが少し高めでアタッカーとしての牽制は出来るので

投入しても良さそうです。

雪単0〜2投

 

 

↑蘇生効果を持ったキャラ。

普通に登場しても戦えるスペックで、中盤以降は実質なんでもサーチの様な効果なので

アヴァロンを絡めた詰めでの攻防で光るかもしれません。

ただこのカードを出す時点で基本的にはハンドを4枚以上抱えないといけないので、実際どのくらい有用かは少し難しい所。

雪系デッキ0〜2投

 

 

↑強化系アイテムは結構出てますが、特に欲しい2点を両立してるのでこの手の中では一番強い部類でしょう。

ただEXは1で適当には投入出来ないのでデッキとはかなり相談しないといけないですね。

雪単0〜4投

 

 

↑今回の除去イベント

どちらもFGOの時より遥かに実用的ですが、それでもEXの都合で結局は入らない可能性が高いと踏んでいます。

アヴァロン+荊軻の組み合わせが実質除去イベントみたいになるのでそこも向かい風ですね。

ただどちらも条件さえ満たせば普通に有用な除去なので

断罪は刺さるキャラの流行次第で、

誘拐ごっこは世間での警戒認知度次第で

採用しても良いかもしれませんね。

個人的には断罪は日に全く刺さらないので非推奨、誘拐ごっこは4コストがネックだけど誰もこれを警戒してハンド残したりはしないのでそれなりに有用、と考えてます。

断罪0〜1投

誘拐事件ごっこ0〜2投

 

 

 

今回は以上となります。

ここでピックアップしていないカードでも使えそうなカードは多数あると思うので気になるカードは色々試してみるのが良いかも知れませんね。

今回は特にパッと見で強さが判断しにくいカードが多いので、使って見たら意外と強かった(弱かった)って発見が出てくると思います!

 

 

明日か、遅くても明後日には残り3色の考察もしたいと思いますのでお楽しみに(゜ω゜)

 

ではでは私はGP神戸にいってきます()