LYCEE 各単色デッキのEX1 日単&花単編

どうも、セブンドロー店主のゆきおです。

 

発売日に各単色のデッキレシピを載せましたが、実際に発売されて思ってたより評価の低いカード、またその逆のカードも多々見つかりました。

EX2に関しては「これは4積んでおけ!」ってやつ以外は好みのレベルですので、今回はEX1枠のサンプルを提案したいと思います!

 

 

 

 

・日単

4金時

3〜4ドレイク

3プロモドレイク

2タマモキャット

2エイリーク

2割り箸

0〜2令呪orカルデアス

 

↑公認大会の参加賞なのですが、なんと割り箸内蔵の初手キャラ。

横移動コスト、スペック低め、EX1で4コスト、ちょっと扱いづらい部分がありますが

個人的には5コストの玉藻より総合的に強いと思います。

プロモが故にまだ揃えれない方も多いと思うのでその場合は玉藻でOKです!

日単使いは積極的に公認大会に参加しましょうw

 

↑見た目より実はかなり強かった枠。

DP3の3ハンドパンチャーを2ハンドで止めれるので、タイミングが合えば実質1ハンド分有利を付けれます。

前に置く事はほぼありません。

1弾環境で分かりやすくハンドアドが取れるカードが2種類しかなく片方は明らかに弱いので、

ちょっと大げさだけど1弾唯一のドロソとも取れますね。

中盤以降で役に立ちにくいEX1なんで採用枚数は良く考えたい所。

 

↑思ってたより強くなかった枠。

使えばわかるけどテキストを起動する事はかなり少なく、0から3を生み出す事は出来ても

見た目ほど詰めには貢献してくれないので4積む程のカードではないでしょう。

とは言え2ハンド3点パンチャーがそもそも需要の高いゲームで、効果もないよりは遥かに使えますので

デッキのEX1と相談で最大3枚までは検討出来ると思います。

 

 

日単は終盤に無理矢理打点をねじこめる色なので令呪やカルデアスは他のアグロ色ほど必須ではありません。

とは言え最終盤の為に少し入れておくのも良いでしょう。

宙のヴラドに対してカルデアスがかなり刺さるのでヴラドぶっぱマンが多い環境なら多少のリスクを背負ってでもカルデアスを

投入しておいた方が良いかもしれませんね。

もしどちらも採用しない場合は、最後の1パンチ役として令呪の様な仕事が出来るRドレイクは4積みをおすすめします。

 

EX1の総量としては16枚程度を推奨します。

その中の偶数コストが多ければ多い程減らした方が良いでしょう。

奇数コストが多いならもう少し多めに積んでも良いかもしれません。

 

 

 

・花単

4メディア

4エリザベート

0〜2ナーサリー

2マリー

2〜4令呪orカルデアス

 

 

↑思ったより強くなかった枠。

書いてる事は間違いなく強いけど、AFはもっと有用なアタッカーが多く

後ろに置くとメディアの下位互換になりやすい為、やや器用貧乏な印象。

とは言え器用と貧乏の比率で言えば圧倒的に「器用」の方が勝ってるので、

EX1枠に余裕が出来やすい花なら2枚くらい入れておいても問題ないかと思います。

 

↑SRエリー、SRマリー、ステンノに続いてのAF4択目枠。

4択目の中では一番強いのでちょっと入れておくと初手の安定度が少し増します。

 

 

花は盤面固めに行く性質、令呪&カルデアスの枠は多めに取るべきでしょう。

幸いEX1枠が他の色に比べて喧嘩してないので投入もしやすく、打ちやすいです。

花はヴラドへの対処法が全く無いので宙単に勝つために多少無理してでもカルデアスを2枚ほど積んでおくのが

良いと言われています。

EX1の総量は14枚程度を推奨します。

 

 

 

今回は日単と花単のEX1枠の紹介でした。

提案しているレシピは「ザ・無難」って感じの選択なので、

後はお好みで調整して下さいね。

スポンサーサイト

コメント