スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Lycee Overture Ver.Fate/Grand Order 1.0 花単編

続きまして花単編!

 

 

まずは叩き台から!

 

 

ではピックアップしていくよー

 

 

↑ロケテの最強は製品版でも最強でした。旧リセやってた人ならパッと見ただけで分かる強コンビ。

両方揃うとステンノは移動持ちの4点パンチャーになります、日でもこんな強いのないよ!w

揃わないとダメだけどステンノはマリガン基準になると思います。

 

 

 

多分この辺が基本的なマリガン基準パンチャーかな。

4コストの方は今のカードプールだと強気に前において5点パンチを狙いたいのですが、

バトル中のAPが非常に低く、いくらサポートが優秀な花でも通らない場面もあるので先攻ぶっぱはちょっとリスクもあります。

花ミラーだと特に。

1コストの方は標準的なアタッカー。すぐ止まるけどSP2あるので、止められた後は相打ちするよりそのまま放置して総合的な盤面形成を目指す方が花的には良い場面が多いかも!

 

 

↑カードパワーの塊。これも旧リセのプレイヤーが見たry

旧リセで似たようなカードがあった事から通称「虚数」と呼ばれる事もあると思いますw

こいつの為に中央AFはなるべく空けておきましょう。横が通れば+2点、こいつで殴っても3点。

このゲームにおいて超絶強いです。

 

↑花の盤面構築においてかなり重要な枠。

自ターンでのサポートを実質無料化出来るので、返しの盤面を崩さずに攻撃していけます。

例えばAFに居るAP3の後ろに上記のどっちかを立たせたら、実質そいつのAPは5みたいなもんです。

メディアに至ってはすぐに起きてもう一度サポートも出来るので、2ずつ振り分けれる実質SP4としても使えますね。便利w

ちなみに、実質寝かさずにサポートする事を旧リセであった能力名にちなんで「サポーター」と呼ばれる事が多いでしょう。

 

 

↑いぶし銀枠

平凡なスペックに効率の良くない効果ですが、打点を無理矢理通す手段に乏しい花にとっては特定の試合展開の時に

圧倒的に大事な存在になってきます。

特に花ミラーだと盤面の埋め合いでグダグダになる事があるので、そうなった時に一方的にこいつを出していればそれだけで勝てる時もありそうです。

カードパワーとしては対した事無いので、こいつが強くなさそうな展開の時は優先度低くてOK!

 

 

日単の時には取りあえずピン積みをオススメしましたが、

現状の花単のカードプールだとEX1で強いカードが比較的少なく軒並み奇数コストなので

詰めの1パンチにしか使えない令呪よりは、サポート合戦等で意表をつけるカルデアスを2枚採用した方が良いのかなって思ってみました。

これ真似して初手で二枚引いた方はすみません・・・_(:3」∠)_

EX1が少なめの構築ならそういうのもアリですよって事で、今回は2積みにしてみました。

 

 

 

花単は「SPが高く6マス埋まった時の盤面のパワーが非常に高い色」となっております。

基本的にはシンプルに攻撃していくアグロなのですが、盤面が埋まった途端にゲームが変わったりするので、

最終的な6マス対6マスを見越した配置も必要になってきますよ!

 

1弾環境では花にパワーカードが多く、下馬評でも一番強そうだとの声が多数あがってる色なので

リセの基本を覚える意味でも初心者の方にオススメかも知れませんね!

 

 

では花単はこの辺で〜

 

スポンサーサイト

コメント