Lycee Overture Ver.Fate/Grand Order 1.0 日単編

ついに発売されました新リセこと「Lycee Overture Ver.Fate/Grand Order 1.0」!!!

 

公言通り今から単色の叩き台レシピをあげていきますよー!

 

の前に一つ前置きが、

 

カードプール少なくて微妙なカードいっぱい入れないといけねぇ!!

 

単色の場合、プール総数の2/3近くをデッキに入れないといけないような状態なのでで、ひたすら4投されてたり妥協が多く存在しますw

ちなみに、じゃあ混色が強いかと言われればそうでもなさそうです。コストの色が濃いのが殆どなのでむしろ弱いまである・・・

 

 

って事で

まずは日単から!!!!

 

 

ちょっと見えにくくてすみませんorz

 

いくつか重要カードをあげときます。

 

↑ド安定パンチャーのお二人。多分これがマリガン基準。

日単は移動が得意な色で、初手に出したこいつらがゲーム終わるまで一生3点殴り続けている、なんて事はザラにあります。

 

↑日単での超必須カード。

スペックの高くない日単でも、こいつと上記パンチャーのどちらかが居れば、実質1ハンドで3点が確約出来ちゃう子。

日は移動で滑り込んで無理矢理打点を通せる色なので、こういうカードがいわゆる「強カード」となります。

 

 

・いぶし銀シリーズ

 アンは日での貴重なサポート役。日は終盤用の手札を貯めたい色なので、序〜中盤までにこういう子のサポート力を活かして打点を通せると、終盤の詰め合い合戦で競り勝つカードを多く抱え易くなります。ステップで2点チクチク出来るのもクール。

ドレイクは相打ちしそうな直前に出すと実質アグレ相当みたいな分かりやすく強いカード。

ただ、実際にアグレッシブを得る事はそんなに無く、相打ちの対面を無理矢理一発通せるカードって感じなので見た目程露骨に強いって程でもないです。

日向ぼっこは序盤はコスト専用で、終盤は2ハンド1パンチ入れるだけのカード。

リセはただそれだけで超強いんです。くれぐれも2ターン目とかに打点通す為には使わないように!!(例外はアルヨ)

 

 

最後は存在が強いシリーズ。

リセやった事ない方が見れば弱そうに見えますが、普通に強いです。

基本的にDFのキャラはAPが増えないシステムなので、これがあると相打ち取れないサイズのバトルでも相打ちが取れます。

基本的に2ハンド無いと何も出来ないリセにおいて、1ハンドでアクションが出来るのも良いですね!

ただ、日は中盤以降になるとスペック勝負とかどうでも良いから1パンチ増やせるカードが欲しい!って場面も多いので、

ディフェンシブなカードに枠を割きすぎると本末転倒になったりします。採用枚数は難しい所。

 

 

↑どのデッキにもちょっと入れとけ枠

これは日単に限らず、元から除去を擁する雪以外の全ての色のデッキにおいて

「取りあえずピン挿ししとけ!」なカードだと思います。

カードパワーはそんな高くないしEXのリスクもありますが、一回これに詰められて負けたらきっと分かるはずw

競馬で言えば第4コーナー用のムチみたいなもんです!

弱みもあるので採用しない場合も勿論あるのですが、取りあえず雪デッキ以外はお守り感覚で1枚ずつ挿して見ては如何でしょうか?

 

 

こんな感じです!

日単は「移動持ちのキャラによってスペック勝負を度外視して打点を通せる色」です!

終盤の詰めの強さが圧倒的なので、ダメージレースが多少不利でも毎ターンしっかり打点を通していくプランを考えましょう!

TCGというより将棋の様なプレイングが要求される色ですが、効率良く勝てた時は気持ち良いですよ〜

 

 

では日単はここまで!

 

明日も朝からリセの販売ですが、残り4色終わるまで寝ません!!!!